葛城地区大規模緑地

葛城地区大規模緑地

葛城地区大規模緑地マップ

つくばエクスプレス研究学園駅から徒歩20分のところにある緑地で、隣接する民有林(保健保安林)と合わせると20ha以上の広さになります。豊かな自然を保全するために残された緑地で、茨城県が所有しています。
平成26年から、つくば都市交通センターとNPOつくば環境フォーラムが連合体を組んで、この緑地の利活用を進めるための業務を茨城県から受託して、活動しています。
現在は、供用前で一般の立ち入りは禁止されていますが、近い将来、里山公園として開放できるように整備しています。みなさんが集える憩いの空間としてだけでなく、身近に里山の自然に触れ合え、学びの場ともなるように、また野生動物のすみかとして保全された空間も共存するように整備をすすめています。

葛城地区大規模緑地里山クラブ(葛城里山クラブ)

葛城地区大規模緑地をみんなに愛される里山公園にするために活動を進めるクラブです。普段は立ち入り禁止のこの緑地で特別な許可を得て散策会や植樹、森のお手入れなどを行っています。
この緑地のことが気になる方、緑地に入ってみたい方、やりたいことがある方、一緒に里山づくりをしませんか?
ご家族でもお一人でも登録できます。お気軽にお問い合わせください!

【ビジョンと3つの目標】

葛城里山クラブの活動

〇里山散歩 毎月第2日曜日

自然に詳しいインストラクターと散策しながら、四季折々の里山の自然に触れて、楽しく学ぶことができる散策会です。季節によっては落ち葉かきや茅刈り、水辺づくりなど、里山の維持管理活動の体験も取り入れています。毎月の活動内容はメールで会員のみなさんにお知らせしています。

〇植生ボランティア 第1、第3火曜日

希少植物の保全や植樹した木の育成、野草や樹木の観察と花の記録づくり、外来植物の防除など、自然について楽しく学びながら、この地域本来の里山の復活を目指して活動しています。登録制の活動で新規メンバーを随時募集しています。植物の知識がなくても大丈夫!一緒に活動しませんか?

〇葛城フォレスター 毎週火曜日

森や草原の維持管理活動を中心的に担うのが「葛城フォレスター」。刈払機の安全講習と里山保全のビジョン研修を受けて活動する有償ボランティアです。草刈り、ツル切り、落ち葉かき、倒木処理、間伐、枝切り、外来植物防除など活動は様々です。
里山は人が手入れすることで豊かな自然が継続します。多様な動植物が共存でき、人々、特に子どもたちが豊かな自然と触れ合える場となることをめざして活動しています。

〇その他イベント

森の中での会員交流会や会員企画イベントなど、自然と出会い、ひとと出会う、街中に残された里山だからこその活動を展開します。

お問い合わせ

一般財団法人 つくば都市交通センタ-
〒305-0031 茨城県つくば市吾妻1-5-1

企画業務部 まち育て事業チーム(財団事務所ビル3F)
Tel 029-861-0500 Fax 029-856-0311

お問い合わせはこちらから

お知らせ

イベント情報

現在、予定されているイベントはございません。