お知らせ

【葛城里山クラブ】4月里山散歩の様子

4月8日(日)に里山散歩を開催しました。

暖かくて、森の散策にぴったりの季節がやってきました。 葛城の森でも新芽が芽吹いたり、虫たちが動き出したりして春が始まっています。

今回の里山散歩では、そんな「森の春」を探しに行きました。


芝生のエリアで見つけたのはタンポポ。

タンポポにはたくさんの種類がありますが、この日は大まかに在来種のタンポポと外来種のタンポポの見分け方を教わりました。

外来種は総苞(そうほう)という花の下の部分が反り返っていて、在来のものは反り返っていないのだそうです。

左が在来種、右が外来種の総苞の特徴を持っています。

在来種と外来種が交雑したものもあり、見た目だけで100%区別することはできないそうですが、大まかに見分けるだけでもタンポポを見る目が変わりますね。

この日はシロバナタンポポも見つかりました。 こちらは在来種で、西日本ではよく見られる種ですが、初めて見たという方の方が多いようでした。

九州や四国では「タンポポは白」という人も多いそうです。


雑木林のエリアではオオムラサキのお話を聞きました。

エノキの根元で越冬していたオオムラサキの幼虫は、暖かくなると動きだし、餌となるエノキの葉をめざして幹を登ります。

と、いうお話を聞いていたら、なんと!

ちょうど登っている幼虫を見つけました!

10年以上オオムラサキの保護活動を続けているインストラクターの皆さんでさえ、見るのは初めてというほど珍しい光景に、参加者の皆さんも大盛上りでした。

エノキの木を登るオオムラサキの幼虫


新年度が始まって最初の里山散歩でしたが、初めて参加された方も多く、とても賑やかな会となりました。

 

今後の活動は、

4月24日(火) 植生ボランティア

4月29日(日) 「春の森で里山クラブ交流会」(要・申込み)

です。

詳細は会員メールをご覧ください。

**********

葛城里山クラブは現在会員募集中です!

葛城里山クラブへの会員登録は申込フォームよりお申込みいただけます。

申込フォーム

**********

※葛城大規模緑地はまだ整備途中で、危険な場所もあるため一般の方の立ち入りは禁止されています。葛城里山クラブの活動では特別に許可を得てインストラクターと共に緑地に入っています。

関連記事

満空情報駐車場全体図はこちら
南1駐車場空車
南2駐車場空車
南3駐車場空車
南4駐車場空車
北1駐車場空車
北2駐車場空車
北3駐車場空車
※各駐車場のご利用は、各駐車場利用案内に掲載している
駐車場管理規程の定めによりますのでご覧ください。
※2018/09/23 02:22更新
定期契約のご案内
  • 駐輪場の定期契約

お知らせ

イベント情報

現在、予定されているイベントはございません。