理事長挨拶

理事長写真

日頃より当財団の駐車場、賃貸施設をご利用いただきまして、ありがとうございます。

当財団は、昭和63年に筑波研究学園都市における都市交通の円滑化と交通機能の充実を図ることを目的として設立され、平成24年4月一般財団法人となって以降は新たに各種の公益目的事業にも取り組んでおります。

筑波研究学園都市は、建設着手以来50年以上が経過する中で、研究施設を中心とした市街地が形成され、さまざまな都市活動が展開されています。また、つくばエクスプレスの開業によりこの“つくば地域”は着実に更なる発展を遂げており、TXつくば駅を含むつくばセンター地区周辺は、都市機能とりわけ交通機能の拠点となっています。

当財団では、このつくばセンター地区内において、地域の皆様や来訪者の皆様の駐車需要に応えるため、駅最寄りの「南1・うみとりくの駐車場」をはじめ、現在7つの駐車場(約4,150台収容)を管理運営しており、年間ご利用累計250万台と、たいへん多くの皆様にご利用いただいております。

これら各駐車場の管理運営にあたりましては、案内表示や混雑時の誘導など利用者の皆様の利便性向上に努めますとともに、特に立体駐車場につきましては、定期的な診断や計画的な修繕工事を実施し、皆様に安全、安心、快適にご利用いただけるよう取組みを進めています。

一方、公益目的事業としましては、まず交通関係の取組みとして、県立美術館・市立図書館などの利用促進のための駐車場利用料金の割引や、つくば市と連携した交通関係の基礎調査、同市への交通安全施設の寄附などを行っております。

また、「まち育て」の取組みとして、つくばセンター地区、研究学園駅地区などにおける市民の皆様の活動を促進するための中間支援機能を果たしておりますとともに、フィールドワークを中心とした調査研究を行い市民活動支援のためのノウハウの蓄積を進めています。

具体的には、様々な地域活動に助成されているつくば市への寄附、センター地区や研究学園駅地区での音楽祭を始めとする文化創造活動を支援されている公益財団法人への寄附、さらに、研究学園駅地区ではつくば地域の豊かな自然を楽しみ、学び、守り、育てていこうという、市民協働の取組みである里山クラブの活動への支援を行っているところです。

このほか、センター地区においてはギャラリースペースの常設、夏の七夕・冬のイルミネーション・ランタンアートなどのイベントへの参加、さらにタウン情報の発信も行っており、こうした様々な取組みや活動を通して、地域の皆様と一緒に“つくば” をより魅力ある街にしていきたいと考えております。

私たちは今後とも、皆様方により快適に駐車場、賃貸施設をご利用いただけるよう、職員一人一人が安全・安心とサービス向上を心掛け、日々業務に取り組んでまいりますとともに、地域の皆様の市民活動への支援などを通して、皆様に喜んでいただける財団となるよう努めてまいります。

ri_name-2